丸杉の感動

仲卸だからできる感動創造

消費者の感動

我々が中間に入り、消費者の方が欲している商品のニーズを農家に伝えたり、農家の苦労や、商品特徴、こだわりを消費者に伝えることにより、農家は求めらるものを作って、適正な価格で販売でき、消費者は感動を味わえる青果物を手にすることができます。

顧客の感動

小売やスーパー、百貨店、加工場、外食、中食など、多岐にわたるニーズに応えるため、産地契約、他市場、同業者、農家など様々な人々と協力し、顧客のニーズにお応えします。

仕事の感動

それぞれの階級や年数に応じた研修システムと市場には欠かせない現場でのOJT。それを円滑に行うためのタテヨコのコミュニティづくりと、目標がわかりやすい人事考課制度を取り入れています。

感動メッセージ

社長の感動ヒストリー

私は今から約50年前、22歳で横浜中央市場内で父と一緒に仲卸業(当時は代買)を始めました。最初から訳も分からず野菜全般を扱うことになりました。
とにかく良い品物を選別して仕入れました。当時はスーパーもなく八百屋さん主体で件数も今と違ってかなり多く、価格にもよりますが品物が良ければお客さんは喜んで買っていきました。自分が選んだものを喜んでお客さんが買ってくれることに感動し、やりがいを感じ、毎日市場に行くことが楽しみでした。
現状はスーパー、加工場、外食向けの納品業者主体の取引となり商売としては難しくなりましたが反面、独自の仕入れ先等を開拓しながら、お客さんに喜んでもらえるよう初心を忘れず努力していこうと思います。

代表取締役社長
杉浦 正臣

代表取締役社長

M.Y

「美味しさ」に出会えた時、 感動が生まれる

総務部M.Y

日々変動する環境や相場を考えた、自分流の商売

蔬菜1部 主任W.S

W.S
Y.I

生産者の思いを、消費者へ届けることができる唯一の仕事

蔬菜1部Y.I

食文化へ貢献すると共に、人々の健康を支える役目として

蔬菜2部 部長M.S

M.S
T.N

社員一丸となって、これからの市場を盛り上げていく

蔬菜2部T.N

人との繋がり、助け合い、一生懸命な仕事は必ず誰かが見てくれている

蔬菜3部 課長T.K

T.K
N.S

「一緒に頑張っていこう」お客様からのその一言が背中を押してくれた

蔬菜3部N.S

「一期一会」ではない出会いにより、「自分」を信じてくれるお客様が増えた

蔬菜3部T.M

T.M

リクナビへ